助産師

Home »  助産師

助産師は分娩時に助産行為の出来る資格です。医師ではないので医療行為とされることは出来ず、正常ではない分娩時には助産師1人で助産をすることは出来ません。助産師の資格は助産師の専門学校を経て国家試験に合格する必要がありますが、最近では助産師養成課程を設ける大学が増加しています。それ故、看護師免許を取得するための勉強をしながら、助産師免許取得のための勉強もするというケースが増えています。看護師と助産師、どちらの免許もあればそれだけ将来の道が広がるので資格取得を目指す人も増えており、助産師の数もそれに伴い増えています。助産師の資格は女性にしか取得出来ないことになっているので、男性は助産師になることが出来ません。産婦人科医では男性はいますが、この場合は診察も女性の看護師か助産師がついていなければ出来ないし、分娩時にも同様です。助産師の仕事のやりがいは、やはり新しい命の誕生の瞬間に立ち会えることだと思います。どうしても暗くなりがちな病院で、唯一明るい雰囲気なのが産婦人科です。赤ちゃんを取り上げた感動は、やはり何にも代えがたいといいます。一方で、人工中絶や死産など、新しい命を取り上げることとは真逆のことにも対処しなくてはなりません。これはいくら経験しても慣れないことだと思うし、辛いことではありますが、それも含めてやりがいを感じ続けている人がほとんどです。看護師としても出産には立ち会えますが、より出産に関わりたいと思うのであれば助産師の資格取得を目指してもいいと思います。

助産師については下記をご参照ください。↓
基礎からわかる!助産師になるための方法

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です