生命の誕生を目の当たりにして

Home »  生命の誕生を目の当たりにして

看護の仕事は、助産師と共に妊婦の世話に当たることも看護の範疇にあるのだと感じている看護師が少なくないでしょう。病気やけがを患っている患者を看護することにとどまらず、産後の患者や赤ん坊の世話をすることで看護師としての誇りや自覚を再確認していく看護師がいるのだと思い、看護師として働く以上は、癒しを提供する者としての仕事へのやりがいを持つことが重要となるのです。
いつもの看護の仕事と並行して、助産師と一緒になって妊婦の看護をすることになる看護師がおられるでしょう。産後の患者を見ている看護師は、「自分の子供を産むために泣け叫びたくなるくらいの痛い思い我慢できるものなのね。もし、私が出産することになったら、この患者のように無事、子供を産めるように頑張らなければいけないわね」と思うのではないかと考えられるのです。人が懸命になって一つのことを頑張り通そうとする姿に感化されて、自分もまた納得のいく結果を残せるように全力を尽くしていこうとすることはよくあることなのです。この世に一つの命を社会という可能性が溢れる広大なフィールドに巣立たせていく妊婦は、自分の子供が社会に幸せをもたらせるような素晴らしい人として成長してほしいという願いを抱いているのであり、自分の子供が社会に大きな感動と喜びを与えたのならば、母親としてこれほど名誉なことはないと思うのです。だからこそ、看護師が出産を控えている妊婦に対して、母子共に健康であり続けますように、という願いを込めた看護が必要となるのです。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です