産婦人科

Home »  産婦人科

産婦人科は看護師からすると人気、不人気がはっきり分かれる科です。人気の理由としてはやはり生命の誕生の瞬間に立ち会うことが出
来るし、暗くなりがちな病院内で唯一と言っていいほど明るい話題が多いところなので、モチベーションも上がるという理由でした。赤ちゃんが好きという純粋な気持ちも、働きたい思いに繋がるのだと思います。一方で、働きたくないという理由は、人工中絶や死産など、生命の誕生という嬉しいこととの対比した事象もまた起こりうるという意見があります。そして現代では、出産は生命の危険があるということがあまり知られていないため、万が一出産時に何かあるとすぐ訴訟沙汰になってしまうということがありました。両方共一理ある意見なのですが、産婦人科での看護師の基本的な役割は産婦人科医や助産師の補助です。出産時に分娩を行えるのは産婦人科医か助産師だけですので、看護師はその補助に回ったり産まれたあとの赤ちゃんのケアになります。また、母親側のバイタルチェックなど基本的なことも行います。生命の誕生に立ち会うことが出来るのは確かなのですが、より産婦人科に関わっていきたいならばやはり助産師の資格も取得したほうがいいと思います。近年では看護大学で助産師資格を取得するためのコースが開設されるところが増えているので、看護師免許と同時に取得出来ます。両方の資格を持っていたほうが就職にも将来的にも選択肢の幅が増えると思うので、考えてみてもいいと思います。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です