産婦人科の不足

Home »  産婦人科の不足

医療の現場は医師や看護師などの人材がとても不足していると言われているが、その中でも産婦人科や小児科における人材の不足は特に深刻と言われている。
その大きな要因は、どちらも医療裁判などの医療ミスによる訴訟が多く、生命に直結する重大な責任の割りに医療における診療報酬については健康保険による保健点数が低いため、同じ医療の現場でもあまり収入が高くならないと敬遠される方が多くいます。
しかし、今後のこの国を支えていく為には現在の少子化の流れをこれ以上は食い止めることが必要で、産婦人科や小児科の不足はもっと重点に考えて政策として何か対策を講じなければ、医師や看護師の産婦人科や小児科離れは止められません。
また、産婦人科にはもともと産婆と呼ばれる人達が長い歴史の中で命を取上げてきた経緯があり、今でも看護師の一部は助産師として新たな資格をとってスキルアップを目指す人がいます。
しかし、この看護師から助産師を目指す道は、男性看護師には認められていません。
これは、診療科における内容から、男性が助産師になることを好ましく思っていない女性が多い為です。それならば、何故男性の産婦人科医が存在するのでしょうか。
いずれにしても、医師を目指して医大に進む為に莫大な学費がかかることは避けられず、今後の少子化の流れの中では看護師が助産師として現在の医師不足を補い、もっと活躍することが望ましいと思います。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です